« 視力低下を招く主犯は任天堂3DS | トップページ | DSは子供から視力と思考能力を奪う »

2017年8月 9日 (水)

子供の視力回復~視力改善法はあるか?


こどもの視力低下には注意が必要です。
親の心配を他所に、子供は眼に悪いことが大好きです。
子供の視力低下は親の責任です。
親としては子供の視力低下を防ぐ努力を怠っていたのではないかと、後悔の念に駆られてしまうのではないでしょうか。
これまでのことはともかく、こどもの視力を取り戻す、視力回復は可能です。


視力の低下を防ぐ、視力を回復するためには、近くを凝視するという生活習慣を見直さなければなりません。
読書などの書籍は反射画面で、周りの光環境に左右されます。
また頻繁に瞬きの動作が入るので、 適度に休みがあり目への負担は軽減されます。
こうしたことから考えれば、瞬きもせずに長時間、発光画面を凝視し続けることを強いられるゲーム機器、スマートフォン等は最悪です。


子供の視力低下が深刻な問題になっています。
これはコンピューターテクノロジーの進歩により、小型化が進む発光画面がもたらす悪影響と大きな因果関係があると言えます。
残念なことに現代の資本主義社会は子どもたちの視力を生贄にして、その利潤の追求を再優先にしています。
兎にも角にも、わが子の視力低下は、親の責任できちんと予防しなければなりません。
視力の一層の悪化はくい止めなければならないのは言うまでもなく、できれば視力回復のための方法を試み、視力を取り戻してやりたいと思いませんか?

子供の近視で興味を引くのは、兄弟や姉妹では一番上が近視になると、次の子の視力には気をつけますので、近視の確率は下がります。
でも上の子が視力が正常なままだと、年少の兄弟姉妹が、視力低下になる可能性が増してきます。
要するに親の仮性近視に関する知識不足で、こどもが眼を悪くしてしまうというわけです。
従って、親が近視の予防策についてしっかりと認識していれば、こどもが視力が低下してしまうことも防げるようになるというわけです。


子供の視力低下は親の責任が大きいです。
子供の視力に対する認識不足が、子供の視力が下がってしまうという診断にたどり着いてしまったように思われます。
日頃より子供の視力保持のための基礎知識を身につけきちんと子供の視力低下の予防に努めていたなら、結果は違っていたかもしれません。
しかし大丈夫、視力回復は方法を間違えなければ可能です。



« 視力低下を招く主犯は任天堂3DS | トップページ | DSは子供から視力と思考能力を奪う »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2181941/71369411

この記事へのトラックバック一覧です: 子供の視力回復~視力改善法はあるか?:

« 視力低下を招く主犯は任天堂3DS | トップページ | DSは子供から視力と思考能力を奪う »