« 視力低下~スマートフォンのゲームアプリはちょっと待った | トップページ | DS視力低下への入り口 »

2017年7月14日 (金)

子供の視力回復~近視治療ストーリー

こどもが目を悪くしないためには注意が必要です。油断しているとアッという間に眼を悪くします。こどもが目を悪くしたのは親の監督不足が原因です。親としては仮性近視の予防や対策を事前に認知して、子供の視力低下を防ぐべきだったかもしれません。眼科では仮性近視を本気で治る、治せる、治そうとは思っていません。メガネの生活になることに意外に子供はのほほんとしていたりします。でも親に気を使ってかわかりませんが、辛い近視人生の開始となったのは確実です

この薬を寝る前に差す、毎晩必ず続けるように言われそれを実行して様子を見ることになります。眼科は視力回復センターではなく、眼鏡店が併設されていることがほとんどだと言う悲しい事実を思い起こしてみる必要があります。この薬を仮性近視に使用するのを疑問視する声もあります。

子供の仮性近視が増えています。これは文明の負の副産物ともいうべき現代社会の現象とも言えるかも知れません。これは現代の社会が近視を増大させる環境を産み出して続ける限り、子どもたちが犠牲になり続け解決は遠いでしょう。とにかく、わが子の視力低下の危機はなんとしても、親の責任で防がなければなりません。

視力に関する正しい知識を身につけ、子供の視力低下の防止と視力回復のための努力が必要です。

仮性近視のお子さんが眼科で検診を受け続けていては手遅れになることがある、こう言い切る視力回復インストラクターがいます。その真意は?

点眼を続け、数週間ごとに視力を検査しますが、悪くはならないこそ良くもならないのがせめてもで、いずれやがては「メガネをつくる」ことを勧められます仮性近視でよく処方されるサンドールPなどという点眼液、ただ言われたままに寝る前に差します。子供が目を悪くしてしまうと、眼科でまず診察を受けるのですが、「仮性近視」と診断されたらその時点でやるべきことが実はあります。いざ宿題、勉強となると集中力散漫で15分と持たない子供でも、視力低下の原因となるゲームとなれば信じられない集中力と忍耐強さを発揮します。

« 視力低下~スマートフォンのゲームアプリはちょっと待った | トップページ | DS視力低下への入り口 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2181941/71130804

この記事へのトラックバック一覧です: 子供の視力回復~近視治療ストーリー:

« 視力低下~スマートフォンのゲームアプリはちょっと待った | トップページ | DS視力低下への入り口 »