« DS視力低下への入り口 | トップページ | 子供の視力回復~視力改善のためのアイトレーニング »

2017年7月23日 (日)

子供の視力回復~視力アップを本気で考える人のために


子供の視力が悪くなってしまったのは親に責任があります。
子供の健康上の問題対する管理不足が、子供の視力が下がってしまうという状況を招いてしまったように思われます。
日頃より子供の眼の健康に気を使い認識をもってしっかりと管理していたなら、こどもの視力は正常で健康なままでいられたでしょう。
しかし諦めないでください。
視力回復への道はまだ残されています。


こどもの視力に関しては常に気をつけている必要があります。
油断しているとアッという間に眼を悪くします。
こどもが目を悪くしたのは親の監督不足が原因です。
親として子供の視力にはもっと気を使うべきであった、なんという思慮不足だったのかと後悔してしまうかもしれませんよね。
ただまだ諦めるには早いのです。
眼鏡に頼らずに、こどもの視力を回復させる方法を試みる、やってみる価値はあります。


こどもの視力が落ちてしまった主たる原因の一つは、近くを凝視しすぎた事にあります。
近くを凝視しすぎたせいで、眼のピントを合わせる役割をする毛様体筋が近くに焦点を合わせた状態で硬直してしまい、遠くにあるものが見え難くなったのです。
視力の回復、視力の取り戻しのためには、逆に遠くのものに焦点を合わせ続けるという習慣などが有効です。


視力低下の予防、視力回復のためには、近くのものをずっと見続けるような生活習慣を改善しなければいけません。
読書も近くを見続けますが、本の場合視点移動やページめくりと言う作業があります。
適度な間隔でブレイクが入るので目の負担は軽減されます。
こうしたことから言えば瞬きもせず、何時間でも平気で画面を見続けるゲーム機器、スマートフォン等は最悪です。


子供の仮性近視が深刻な社会問題になっています。
わが子が視力低下になるとなにかと不安です。
第一にメンタルな打撃を受けます、これで親は滅入ってしまいます。
そうしてなんとか視力を回復させてやりたいと考えます。
良い視力回復の方法はないのでしょうか?


« DS視力低下への入り口 | トップページ | 子供の視力回復~視力改善のためのアイトレーニング »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2181941/71212187

この記事へのトラックバック一覧です: 子供の視力回復~視力アップを本気で考える人のために:

« DS視力低下への入り口 | トップページ | 子供の視力回復~視力改善のためのアイトレーニング »